Windows Vista アップグレード基準

現在利用しているパソコンが、Windows Vistaへのアップグレードが
可能かどうかの基準をマイクロソフトが公表しています。

マイクロソフトのHPでは、アップグレードに適しているかどうかチェックする
Windows Vista Upgrade Advisor というソフトを提供しています。

このソフトは、使用している Windows XP ベースのパソコンで 
Windows Vista を実行することが可能かどうかを判断できます。

以下の内容は公式HPからの引用です。

【Windows Vista Capable】
Windows Vista Capable PC ロゴが表示されている新しい PC は、
Windows Vista を稼働できます。どのエディションの Windows Vista も、
核心的な情報の整理、検索、およびセキュリティ機能、
そして信頼性を実現するコア エクスペリエンスを提供します。

そして、Windows Vista Capable PC は最低でもこれらのコア 
エクスペリエンスを実現します。

Windows Vista のプレミアムエディションで利用可能な機能には、
新しい Windows Aero のユーザー エクスペリエンスなどがありますが、
これらの機能を利用するには、高度なハードウェアまたは追加の
ハードウェアが必要になる可能性があります。

最小構成
    * 最新のプロセッサ (800 MHz 以上)。
    * 512 MB のシステム メモリ。
    * Direct X 9 対応のグラフィック プロセッサ。

【Windows Vista Premium Ready PC】
Windows Aero のユーザー エクスペリエンスなど、洗練された 
Windows Vista エクスペリエンスを実現するには、Premium Ready の
表示がある Windows Vista Capable PC をお求めいただくか、以下に示す
Premium Ready の要件を満たす、またはそれ以上の PC をお選びください。

テレビの視聴、録画など、Windows Vista のプレミアム エディションで
提供される機能を有効にするために、追加のハードウェア が必要になる
可能性があります。

最小構成
    * 1 GHz 32 ビット (x86) または 64 ビット (x64) のプロセッサ
    * 1 GB のシステム メモリ。
    * WDDM ドライバ対応の DirectX 9 グラフィックのサポート
   128 MB のグラフィック メモリ(最小)、ピクセル シェーダ 2.0
   1 ピクセルあたり 32 ビットの色深度。
    * 40 GB のハード ディスク容量と 15 GB の空き容量。
    * DVD-ROM ドライブ。
    * オーディオ出力機能。
    * インターネット アクセス機能。

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/4