検索の基本

インターネット上には、膨大な量の情報が溢れています。
その中から、自分に必要な情報を探す出す方法(コツ)を紹介します。

ヤフー(Yahoo!)や、グーグル(Google)を利用する
基本的な検索方法なので、しっかりと身につけましょう。

ここで、あなたに質問です。

調べたい言葉があった時、どうしていますか?

「広辞苑」や「現代用語の基礎知識」を調べると答えたあなた…

それも、【正解】なのですが、

ここでは、インターネットを利用して、
必要な情報を探し出す方法をお話しするので、

ちょっとだけお付き合い下さい。
わざわざパソコンを立ち上げたのに
「調べたい言葉」を入力して検索をしたのに

関係のないページが大量に表示されてしまい
途中で調べることを諦めたことがある

あなたのための情報です。

簡単な方法なので、
この際、しっかりと覚えて下さい。

みなさんに知っておいて欲しい情報です。

ヤフー(Yahoo!)や、グーグル(Google)の
検索ノウハウなんて、「基本中の基本。知ってるよ」

という方も、

基本だからこそ、しっかりと確認しておきましょう。

.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.。o○.。o●

※複合キーワード「AND検索」

全角または半角のスペースを挟んで複数のキーワードを入力
     ↓     ↓     ↓
入力したキーワードのすべてを含んだ結果を表示する

これだけです。

例えば、

「早稲田実業のハンカチ王子こと斉藤祐樹くん」の
情報を探したいとします。

名前しかも「斉藤祐樹」というフルネームが分かっているなら、

ヤフー(Yahoo!):約280,000件
グーグル(Google):約50,400 件もヒットしますが、

直ぐに求める情報を得ることが出来ると思います。


しかしながら、名前を忘れてしまっていた場合

「早稲田」と入力すると
ヤフー(Yahoo!):約7,750,000件
グーグル(Google):約14,800,000件もヒットします。

しかも、学校に関する情報ばかりなので役に立ちません。


では、検索する言葉を「ハンカチ」に変更すると
ヤフー(Yahoo!):約5,310,000件
グーグル(Google):約6,040,000件もヒットしてしますが、

何とか目的の情報にたどり着くことが出来そうです。


今回の場合は、たまたま上手く見つかりましたが、
いつも上手くいくとは限りません。

そこで、複合キーワード「AND検索」を試してみましょう。
複合検索の例示

「早稲田 ハンカチ」と入力して検索してみると
ヤフー(Yahoo!):約280,000件
グーグル(Google):約333,000件と件数は多いですが、

最初に表示されるすべてのホームページが、
目当ての「ハンカチ王子こと斉藤祐樹くん」の情報です。

今回は、旬で話題の情報だったので、
2つのキーワード(調べたい言葉)だけで、
ビシッと目的の情報にたどり着くことが出来ました。

キーワード(調べたい言葉)を3つ4つと増やしていけば、
より確実な情報に、より早く、たどり着くことが出来ます。

やり方は簡単です。

全角または半角のスペースを挟んで
複数のキーワード(調べたい言葉)を入力するだけ

これが、インターネットという膨大な情報の中から、
目的とする情報だけを探し出す方法です。

これを知っているだけで、

あなたの「セカンドライフ」は、昨日までとは
違ったものとなるでしょう。

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/7