オープンオフィス

オープンオフィスの正式な名称は、
「OpenOffice.org (オープンオフィス ドット オルグ)」です。

簡単に言えば、「Microsoft Office」互換のフリーソフトです。
米Sun Microsystemsの有料オフィス統合環境である「StarOffice」から
付属フォントやサポートを省て、無料で利用できるようにしたものです。

米Sun Microsystemsが、直接携わっているわけではなくて、
オープンソースによって開発されています。
オープンソースとは、Linuxで注目されたインターネット時代の
プログラム開発手法というべきものですが、利用するだけならば、
詳しく理解する必要はないでしょう。

オープンソースのおかげで、オープンオフィスは、無料で入手できて、
自由に利用できるのだということだけを理解しましょう。
詳しいことが知りたい場合は、こちら

少し、難しい話になってしまいましたが、オープンオフィスは、

・「Microsoft Office」と操作性やデータの互換性がある「Word」や「Excel」などのファイルを読み書きできるプレゼンソフト、ドローソフト、データベースソフト、数式エディターがあるPDFファイルを作成できる

以上のような特徴があります。

会社で、マイクロソフトのワードやエクセルを利用していたが、
自宅のパソコンには入っていない
買いたいけれど高価なので、少し躊躇している
といった人に向いていると思います。

特に、PDFへの変換機能だけをとってみても、
無料で出来るレベルではありません。
アドビで販売されているものと比べても、
基本機能で劣るところはないといっても、言い過ぎではありません。

私もそうなのですが、ワードやエクセルを持っていても、
PDFへの変換機能だけを利用するために導入しています。

オープンオフィスは、以下からダウンロードできます。
窓の杜
OpenOffice.org日本ユーザー会

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/8