キャッシュの有効活用

検索キーワードを入力して、目的のページを見つけて開いたら

「ページが見つかりません」
「404 not found」

などのメッセージが表示されて、ガッカリしたことは
ありませんか?
h
これは、そのページが削除されていたり、サーバーがダウン
している時などに、表示されるエラーメッセージです。

そんな場合でも、ページを見る方法があります。

その方法は、
検索結果の下にある「キャッシュ」をクリックするだけです。

キャッシュの例示
これは、グーグルヤフーなどの検索エンジンが、
情報を集めたときに保存した情報なので、

最新ではない場合がありますが、
役立つことも多いので、覚えておきたいテクニックの一つです。


また、この「キャッシュ」には、削除されたページを
表示するだけではなく、便利な付加機能もあります。

「キャッシュ」で表示されたページは、
検索キーワードが、黄色や青色でハイライト表示されるのです。

そのため、目的の記事を見つけやすいのです。

ハイライトの例示

実際に、何か検索したときに試してみて下さい。
割と便利ですよ(^_^)

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/17