演算子検索とフレーズ検索

デジカメパソコンを調べようと思って検索したのに、
通販サイトばかりが出て来て困ったことはありませんか。

そんな時に、良く効く「おまじない」があります。

「-円」(半角マイナス円)を検索キーワードに追加するだけ。

実際にやってみて下さい。

演算子検索の例示

如何ですか。通販サイトが減りましたよね。

この「-」(半角マイナス記号)には、
『その直後のキーワードを除外する』という役割があります。
例えば、
「パソコン -円」と入力して検索検索すると

「パソコン」をキーワードにして検索した結果から、
「円」を含んだページを除外したページだけを検索結果として
みることとなるので、値段表示が必ずされている通販サイトは、
結果として表示されなくなるのです。

「-トラックバック」(半角マイナス記号トラックバック)とすると、
トラックバックは、ブログ特有の機能なのでブログを検索結果から
除外することが出来そうですね。


既に気づいていると思いますが、

「+」(半角プラス記号)には、
『その直後のキーワードを追加する』という役割があります。

でも、これは複合キーワードによる「AND検索」と同じことなので、
実際に使用する場面は少ないと思います。


フレーズ検索とは、""(半角ダブルクォーテーション:二重引用符)で
囲まれた単語は1つのキーワードとして分割せずに検索する』
という機能があります。

例として、ビートルズの「Let It Be」を出そうと思いましたが、
フレーズ検索にしなくても、1つのキーワードとして検索されて
しまいました。

以前は、ダメだったのですが……

検索エンジンも、
私たちが利用しやすいように、日々進化しているようです。

「Let It Be」のように、
それ自体が1つのフレーズとして定着しているもの以外では、

「""」(半角ダブルクォーテーション:二重引用符)で囲む
フレーズ検索は、有効に利用できます。

必ず覚えておきたい検索テクニックのひとつです。

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/20