ウィキペディア(Wikipedia)

ウィキペディアは、無料なのに市販されている百科事典よりも詳しく、
さらに時事用語辞典よりも、最新の話題に強くて、自分でも編集可能な
オンライン百科事典です。

現在日本語版には、30万本以上の記事が蓄積されていて、
世界中の寄稿者によって、毎日のように進化していっています。
辞書のイメージ
ウィキペディア
約30万項目
ブリタニカ大百科事典
約10万項目
現代用語の基礎知識
約3~4万項目
ウィキペディアは、記事の内容もバラエティに富んでいる。
政治、経済、文化から、最新のテクノロジーなどの通常の百科辞典の
項目に加えて、芸能人やドラマ、アニメ作品の解説まで網羅されています。
また、オンライン百科事典であるという利点を最大限に生かして
書籍やCD-ROM、DVDの百科事典や時事用語辞典と違って、
最新の話題のキーワードが即座に反映されることも珍しくはありません。

ウィキペディアは、一般的な百科事典のように、
特定の専門家が執筆しているのではなく、インターネット上にいる人々が、
自分の得意分野に関する記事を書き加えることで記事を作成しています。

つまり、あなたも内容が誤っている記事や、自分が詳しい項目に対して、
追加や修正を行うことが可能なのです。

ウィキペディアでは、このように記事を自由に投稿したり、編集したり
することが可能なので、著作権問題や記事の寄稿者間で論争や荒らしが
生じてしまう危険性もありますし、過去においても実際に起こっています。

そのため、様々なルールが定められています。
以下に、代表的な用語や表記の意味を記載しておきます。
加筆修正待ち
記事内容に問題があって加筆修正が求められている
提案
記事に関する議論が行われている
改名
適切でない記事名を変更すること
保護
管理人以外の編集を禁じる
半保護
管理人とアカウント登録後4日以上のユーザー以外の編集禁止
削除提案中
記事の一部もしくは全体の削除を議論中
著作権侵害のおそれ
著作権侵害の可能性がある記事を暫定削除
曖昧さ回避
2つ以上の意味がある言葉は主な意味の一覧を表示する

自由であるが故の問題もある一方で、ウィキペディアの記事の信頼性は、
2005年12月に科学雑誌「ネイチャー」により以下のような評価を得ています。

『「ウィキペディア」の記事の正確性はブリタニカ百科事典に匹敵する』

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/22