検索タブを切り替えよう

ヤフー(Yahoo!)もグーグル(Google)も
インターネット上にある膨大な情報のなかから、
速やかかつ的確に目的の情報を見つけ出せるサービスです。

通常は、インターネット全体から
情報を検索する設定となっていますが、
 
それぞれ目的に応じた検索機能が使えることをご存じですか?

検索ボックスの上側にある検索タブを切り替えることで
目的に応じた検索をより的確に行えるようになります。

ヤフー
ヤフー検索タブ

グーグル
グーグル検索タブ

まず、ヤフーですが、検索ボックスの上には、
「ウェブ」「登録サイト」「画像」「動画」「ブログ」
「辞書」「知恵袋」「エリア」「商品」とあります。
 
[ウェブ]:インターネット全体から
[登録サイト]:Yahoo!カテゴリに登録されているサイトを対象
[画像]:画像ファイルを検索
[動画]:動画ファイルを検索
[ブログ]:ブログや記事を検索
[辞書]:国語・類語・英和・和英辞書を検索
[知恵袋]:Yahoo!知恵袋の質問や回答を検索
[エリア]:日本国内の店舗や施設を
     地名や駅名などの場所(エリア)を指定して検索
[商品]さまざまな店舗で購入可能な商品の情報を検索

それぞれ専用の検索ボックスが用意されています。
以下は、エリア検索タブを選択したときの検索ボックスになります。 
ヤフーエリア検索

 
次に、グーグルですが、検索ボックスの上には、
「ウェブ」「イメージ」「ニュース」「マップ」
「グループ」「more」とあります。
 
「ウェブ」:インターネット全体から
「イメージ」:画像ファイルを検索
「ニュース」:ニュースから記事を検索
「マップ」:特定の地域のお店やサービスを検索
「グループ」:メーリング リストやグループを作成・検索
「more」:その他のサービスメニューを表示

グーグルでは、それぞれ専用の画面が用意されています。
以下は、ニュース検索タブを選択した時の画面です。
グーグルニュース検索
 
マップ検索タブを選択した時の画面です。
グーグルマップ検索
 
グループ検索タブを選択した時の画面です。
グーグルグループ検索

何かよく分からないと感じたものもあるでしょう。
 
特に、グーグルの「グループ」は
何に利用するのかさえ分からないのではないでしょうか。
 
それぞれの機能を利用してみると良いでしょう。
 
全てを使いこなす必要はありませんが、
積極的に利用してみませんか。

おおまかなイメージをつかんでおけば、
必要になった時に、スムーズな検索が可能となります。

トラックバック

 トラックバックURL:http://pc2life.com/mt/mt-tb.cgi/32