インターネット利用時の心得

インターネット利用時の心得として、
怪しいサイトからのダウンロードはしないということを厳守して下さい。

インターネットで安易にプログラムをダウンロードして、
自分のパソコンに保存して、インストールもしくは実行してしまうと、
次のようなトラブルを招く可能性があります。

●外部の第三者にコンピュータを操られる
●ハードディスク上のファイルが盗まれる/読まれる
●コンピュータウイルスに感染する
●ハードディスク内のデータが破壊される
何故ダメなのか!

インターネット上のサイトに掲載されているプログラムには、
便利なプログラムに見せかけて実際は被害を与える悪意のある
プログラムが存在しているのです。

その悪意のあるプログラムを実行してしまうと、
パソコンがどのように改変、破壊されるかりませんし、
取り除く方法も分からないことが多いのです。

パソコンの中身をフォーマット(すべて消去)して、
最初から、すべてインストールし直すしか手段がなくなります。

また、これらはコンピュータウイルスとは別物ですので、
ウイルス対策ソフトでは検出されない可能性が高いのです。

このような悪意あるプログラムから身を守るためには、
信頼できるサイト以外からプログラムをダウンロードしないよう、
日頃から気を付けることが大切です。

また、ダウンロードしたプログラムが、ウイルスに感染していないか
実行する前に、必ずウイルス対策ソフトでウイルス検査をしましょう。

また、ホームページを閲覧するときには以下のことにも注意。

●不審に思われるホームページには近づかない
●クレジットカードなどの個人情報をむやみに入力しない

ダウンロード時に、
ウィンドウズなどから、警告メッセージが出ることがあります。
その時は以下のことに注意しましょう。

●警告を無視しない。入会規約などがあれば、必ず目を通す。
●[OK]や[実行する]をクリックする前に確認する。
●不用意にファイルを開かない。
●ファイルの見た目に騙されない。

大切なことは、自信がない行為は、決して行わないということです。
被害にあったとき、困るのは、あなた自身なのです。