ウイルス対策 7箇条

パソコンユーザのための
ウイルス対策について大切なことをお話まします。

ウイルス対策 7箇条です。
1.最新のウイルス定義ファイルに更新すること

  新種ウイルスに対応するために、
  最新のウイルス定義ファイルに更新してウィルスチェック
  検査を行うことが大切です。

2.メールの添付ファイルは、開く前にウイルス検査すること

  受け取った電子メールに添付ファイルが付いている場合は、
  開く前に必ずウイルス検査を行うこと。
  また、電子メールにファイルを添付するときは、
  ウイルス検査を行ってから添付すること。

3.ダウンロードしたファイルは、
   使用する前にウイルス検査すること

  インターネットからファイルをダウンロードした場合は、
  使用する前にウイルス検査を行う。
  また、信頼できないサイトからのダウンロードは避ける。

4.アプリケーションのセキュリティ機能を活用すること

  マイクロソフトのWordやExcelのデータファイルを開く時は、
  マクロ機能の自動実行を無効にするなどのセキュリティ機能
  を活用する。
  また、メーラー、ブラウザのセキュリティレベルを適切に
  設定しておくことにより、被害を未然に防ぐことができる。

5.セキュリティパッチをあてること

  基本的なウイルス対策を行っていても、
  セキュリティホールのあるソフトウェアを使用していると、
  ウイルスに感染してしまうことがある。 
  Webサイトなどの情報を定期的に確認し、
  最新のセキュリティパッチをあてることが重要である。

6.ウイルス感染の兆候を見逃さないこと

  下記のような場合、ウイルス検査を行う。
  
  ・システムやアプリケーションが頻繁にハングアップする。
  ・システムが起動しない。
  ・ファイルが無くなる。見知らぬファイルが作成されている。
  ・タスクバーなどに妙なアイコンができる。
  ・いきなりインターネット接続をしようとする。
  ・意図しないメール送信が行われる。
  ・直感的にいつもと何かが違うと感じる。

7.定期的にデータのバックアップを行うこと

  破壊されたデータは、修復することはできない。
  ウイルス感染被害からの復旧のため、日頃からデータの
  バックアップをとる習慣をつけておくこと。