目の健康管理

目は私たちの体の中でも非常に大切な機関です。
目を疲れさせないように、日頃から目の健康に注意しましょう。

正しい姿勢で仕事や勉強、読書をしましょう。
昔からよく言われていることですが、
背筋をきちんと伸ばし、目と本の距離は30センチ離しましょう。
勉強や読書を1時間したら、10分間くらい目を休ませましょう。
また、本を寝転んで読まないようにしましょう。
照明は明るすぎたり、
暗すぎたりすることのないよう注意しましょう。

普通、読書や勉強をするには 300ルクス必要です。
蛍光灯のスタンドだけでは、
15~20ワットの明るさにしかなりません。

運動や散歩などして、遠くを見る習慣をつけ、
目に負担のかからない生活を送るようにしましょう。

テレビを見たら、しばらく目を休ませましょう。
コンピューターゲームなど40分以上続けないようにしましょう。

栄養のバランスを考えて
緑黄色野菜などを、十分に取り入れた食生活を送りましょう。

目の健康のために以上のことを普段から心がけましょう。


大部分の近視は病気ではなく、
遠くが見えにくいだけのふつうの目なのです。

現代社会では近くを見る作業の方が多いため、
近くがよく見える近視の方が有利な場合もありますが、

日頃から目をいたわる生活を心がけ、
見えにくくなってきたら眼科の先生に相談してみましょう。

また、度が進まないよう目を守るためにも、
1年に1回は、眼科に行って、検眼してもらいましょう。