遺失物法の改正でネットで検索可能に

2007年12月10日から、遺失物法が変わりました。

遺失物法の改正で、

落とし主がわからない、又は取りに来なかった落とし物が、

拾い主のものになる期間が、6ヶ月から3ヶ月に短縮されました。

そのため、警察での保管期間も6ヶ月から3ヶ月となり、

当然、落とし主が落とし物などを探せる期間も3ヶ月に短縮。


そのためか、落とし主が判明するまでの間、

落とし物の検索が、インターネットで可能となりました。


流石に、即日検索というわけには行きませんが、

落とし物が警察に届けられてから、

ネット上で検索できるまで、
最短で3日で検索可能となるようです。

因みに、警視庁拾得物公表システムはこちら

その他、遺失物法の主な変更点は、

1.携帯電話や運転免許証など個人情報が入った物については、
  落とし主が見つからない場合でも、
  拾い主はその落とし物をもらう権利がなくなりました。

2.公共交通機関(鉄道、バス事業者等)など
  多くの落とし物や忘れ物を取り扱う事業者を対象に
  「特例施設占有者制度」が新設。
  
  特例施設占有者は、
  2週間以内に拾った物に関する事項を警察に届け出たときは、
  その拾った物などを自ら保管できるようです。

3.警察署長と特例施設占有者は傘や衣類など
  大量、安価な物などを、2週間の保管の後、
  売却するこができます。

4.犬やねこは都道府県等に引渡しをすることができる。


以上です。