HDDを丸ごとバックアップする

HDD内のデータを丸ごと別HDDへコピーできる
フリーソフト「EASEUS Disk Copy」を紹介します。

無料だけど、英語です(x_x)

同様のソフトを持っていないのであれば
使えるソフトなので手に入れておくべき(^_^)V

紹介する「EASEUS Disk Copy」は、
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista
と現在現役と思われる全てのWindowsに対応するフリーソフト

作者のWebサイトからダウンロードできます。

http://www.easeus.com/disk-copy/

「EASEUS Disk Copy」を利用すれば、

ハードディスクにインストールされている
Windows、パーティション、ファイルシステム情報など

全ての情報を丸ごとコピーすることが可能です。

つまり、ハードディスクのクローンを簡単に作成できる。

どんなときに利用するのかといえば、

単純なバックアップにも利用できますが、
パソコンのハードディスクを新しくしたい時に活躍する。

・容量不足
・不具合、壊れる予感がする?

など、新しいハードディスクの導入をする時にも、
バックアップやOSの再インストールといった面倒な作業をすることなく、

新しいハードディスクへ簡単に移行することが可能となります。

「EASEUS Disk Copy」は、CD起動で動作する仕組みで、
そのためソフト自体もISOイメージで配布されています。

したがって、CDライティングソフトを利用して
あらかじめCD-Rなどへ書き込んでおく必要があります。

使い方は簡単。

作成したCDからパソコンを起動して、
表示されるウィザード画面の指示にしたがうだけ(^.^)

コピー方法は、“Disk Copy”と“Partition Copy”の2種類。

ハードディスクを全てコピーしたい場合は
“Disk Copy”を選択しましょう。

“Partition Copy”は、
選択したパーティションのみコピーする場合に利用します。

コピー先のハードディスク容量が大きければ問題ありませんが、
逆に容量が小さい場合は、不足部分が消える可能性があるので注意が必要です。

同社では、フリーのパーティション編集ソフト
EASEUS Partition Manager」なども提供しているようです。