WEBデザイナーになりたい

WEBデザイナーとはホームページを分かりやすく、見やすく美しくデザインする人の事です。

今、日本に限らず世界中にある企業や団体、個人のお店、また個人的にもホームページを作るようになり、他の人が何かを調べるのには無くてはならないものになってきたと思います。

例えば「焼肉店」を調べてみて、美味しさが同じ様なお店のホームページが何店か出てきたらホームページが見やすくて、きれいな方のお店に行きたくなりますよね。

こういうようにホームページのデザインと言うのは商品や企業のイメージを左右するものになり、このホームページを作るデザイナーの力量によって変わってくることになります。

また、自分の思いだけでホームページを作るのではなく発注者の意見もよく取り入れて作っていかなければならないという面白くてやりがいのある仕事だと思います。

WEBデザイナーになるために必要な資格というのは特に無いのですが、

パソコンスクールなどでHTMLなどの基礎知識やデザイン性などを学んでいくのが独学でやるより早いと思いますし、ある程度言葉も知っていれば実際に企業に勤めたときも働きやすくなると思います。

こういった経験をWEB制作会社などでデザイナーとして積んで、
その後にフリーなどで活躍している方も多くいます。

簡単にはいきませんが、

家でちょっとお小遣い稼ぎにHP作成をやっていくのもありだと思いますよ。

デザイナーになる取り掛かりとして、
スクールなど自分に合った勉強方法を探して目標を達成するように頑張ってくださいね。