パソコンを習得するには

「学ぶ」という事!これには二つの種類があると思います。「頭で学ぶ」「身体で学ぶ」の2種類です。
パソコン関連の技術を習得する時には、頭で学ぶという風に捕らえやすいが、実は身体で学ぶもののようです。

全くパソコンを触ったことが無い人にとってはマウスの操作一つとっても難しいものですよね。

パソコンを敬遠しているお父さん世代の人にとっては、パソコンを習いたくてもパソコンの事を聞ける友人が近くにいるわけでも、そういう環境が整っている友人宅があるわけでもないですよね。

そこでおやじ攻略法としては頭にパソコンのやり方を教え込むのではなくて身体で覚えるような教え方をしてくれる、パソコンスクールなどを選ぶのがいいのではないかと思います。そういったところで理屈ばかり言われても頭に入りませんよね。理屈抜きでとにかく最初からガンガンパソコンを触らせてパソコンを触ることに慣れていったほうがいいと思います。

おやじ達がパソコンスクールを毛嫌いする理由の一つに、理論尽くめに合うのと答えが一つじゃないという事があるようです。
「これをやりたい」と質問したところ、「こういう方法があります。しかしこういう方法もあります。それはですね・・・」という様に複数の答えが返ってくると、理論もよく分かっていないのにパニックになってしまう可能性があるのです。

体育会系みたいな教え方をしてくれるパソコンスクールがあるのであればそういったところで習ってみるのもいいと思います。

新しい趣味として、仕事のサポートとしてパソコンが役に立っていくことは間違いないと思いますよ。