マイクロソフトオフィススペシャリスト試験について

パソコンスクールに通おうと思うきっかけの一つとして、就職や転職の際に有利になるパソコンのスキルをアップし、それを証明するためにとても人気が高い資格試験です。

就職する時の履歴書の記述するために、大学生や高校生などの受験者も今現在増えてきているようです。パソコンが使えるかどうかの客観的な基準として資格が今認められてきています。
独学で今パソコンが出来ると言う人はそのレベルや知識、技術がどれくらいのものか試す方法として受けてみるのもいいかもしれません。

その資格として最も効果的なのはマイクロソフトオフィススペシャリスト試験(Microsoft Office Specialist)という試験です。どういうものかというと、マイクロソフトについているOffice製品の中にあるWordやExcel、PowerPoint、Accessなどがどれくらい使えるかという力を証明するマイクロソフトが主催する資格制度です。

どれだけ各ソフトが使えるのかというのは個人によって捕らえ方と言うのは様々なものだと思います。自分が出来ると思っても他の人がそう思ってなかったりして評価の基準が定まっていませんでした。これを日本だけでなく世界中で共通に認められている合格認定証として発行されることになり、これを持っているとOffice製品が利用できる能力がどれだけかという物を証明できる資格になります。

試験はペーパーではなく実技試験で行われるそうです。試験の分類としてはスペシャリストレベルとエキスパートレベルがあります。自分の出来る範囲で試験を受けてより高い資格を取れるようにしていきましょう。