パソコンの資格の種類

パソコンを使う人にとって、資格というのはあって邪魔にならないものだと思います。もちろん無くても仕事上は全然困りませんが、ご自分のスキルアップの為に、スクールなどできちんと勉強して資格を取得すると言うのもいい方法だと思います。

では、いったいパソコン関連の資格とはどういったものがあるのでしょうか?
以下に少しご紹介しますので参考にしてみてください。

【日商PC検定】
Word・Excelなどが仕事上に支障がない程度まで使うことが出来る事を証明する資格です。この検定には、「日商PC検定試験(文書作成)」と「日商PC検定試験(データ活用)」に別れていて、前者はビジネス文書を作成したり取扱力がどれだけあるか試したりします。後者は業務データを活用したり取扱い力がどれだけあるか試したりします。

【Microsoft Office Specialist】
マイクロソフトofficeの主要的なアプリケーション(Excel・Wordなど)がどれだけ使いこなせるかの力を評価する検定資格です。
この資格を取得すると世界共通で使用できる合格認定証が送られてきます。

【MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)】
マイクロソフト社のアプリケーションソフトを使うことを教える立場のインストラクターを目指す人用の検定資格です。
パソコンスクール内におけるインストラクターになるだけではなく、通常の企業からも注目されている資格の一つだと思います。